第33話:半同棲9日目、破局?え?それとも?

意地

あ、、、 

僕の目の前に、バイクが止まった。ふと見ると、彼女だ!… しばらく二人とも無言で… ママがちゃんと話して来いって。わかった、と言いバイクの後ろに乗った。いつもだったら抱き付いて、太もも辺りに捕まるのだが、さすがにこの気まずい状況では、そうは出来ない。彼女は気がたっているせいか、いつもに増して運転が荒かった。タイ人みたいにつかまってなかったので、危うく落ちそうになった。彼女の部屋に着くとこう言った。

>私はただママに言われただけだから
<うん、いままでごめんね
>あなたが、何度も同じことを言うから… 
<同じことをきみにも言いたいけど… 
>もうダメね
<… うん

内心、何とかして持ち直したかった。でも、気の強い彼女、絶対に折れない。本心は違ったとしても、突っ張る性格。陰て泣いても、人前では決して涙を見せたりしない。僕は彼女ほど気が強くない。胸にこみ上げる何かが、目頭から水分を押し出してしまう。いままさに破局寸前… いや破局!か。つい、ポロっとしてしまった。でも彼女には見せまいと、ひたすら隠した。もう泣き叫びたい。僕はされた事を謝って欲しかっただけ。そしてこの先、2度と同じことをしないで欲しかっただけ。ずっと彼女と一緒に居たかったから。なのに彼女は事実は認めても、さらに強烈な批判が始まったのだ。

バイクで戻った彼女の表情は、何か言いたげだったが…

帰って行く彼女は振り返らなかった

感謝

いままで本当にありがとう。いろいろ嫌な思いをさせてごめんなさい。
大好きな人を困らせてしまった事、後悔しています。あなたと過ごした日々は決して忘れません。
ありがとう。あと1時間だけこの部屋に居させて下さい。そしたら、この部屋を出ます。
もし… いや。ありがとうございました。ご両親、ご家族の方にもお礼申し上げます。
では。

決意

今更だけど、メッセージを送った。バンコク行きの最終バスは午後11時だった。
じっと目を瞑って、今までの事を思い出した。そう言えば、僕の誕生日、誰も何もしてくれなかったけど、唯一彼女は、お誕生日おめでとう、と言ってくれたっけ。
その言葉だけで、僕は最高の幸せだったよ。

あと、10分で部屋を出なくては。
ありがとう、彼女。部屋を出ようとした時に、LINEメッセージが入った。
誰からかな?どのエロ仲間かな?

前の話を読む<<
>>次の話を読む
  1. 【モテるトリビア】世界のおもしろ法律・条例

    2023.01.27

  2. 【注意】バンコクにおける反政府グループ等による抗議活動【1月25日】

    2023.01.25

  3. スナック、バーの料金システムを分かりやすく解説!?

    2023.01.23

  4. 2023年の春節(旧正月)のイベント

    2023.01.20

  1. 【SOAP BANGKOK】マット一本勝負!? ハイクオリティーのテクニックに…

    2020.03.12

  2. 【The Great Phra Ram9】場所は分かりづらいが可愛い素人だらけのメ…

    2020.02.16

  3. 【Pent House】エカマイの高級メンズスパで美女とのお遊びは最高で…

    2020.01.12

  4. 【Lady Soda】時間を忘れて大はしゃぎ!

    2019.12.12

  1. ノービザ45日滞在の期間延長!?

    2023.01.18

  2. タイへの入国規制について

    2023.01.09

  3. 2022年10月1日からタイ入国規制緩和

    2022.09.30

  4. 2022年10月1日から滞在可能日数が延長されます。

    2022.09.15