プーケット県 (下):早撃二郎のタイ77県珍紀行

可愛いタイガールとの一夜の出会いを求めて、キモオタ肥満男がタイの全県を駆け巡る「早撃二郎のタイ77県珍紀行」は、今回が南国「プーケット編」の最終回。

2日目にプーケットタウンでお目当てのコンケーンガールを見つけた僕は、満足な夜を過ごし、最高の気分で翌朝を迎えた。師匠もその後、しっかりと彼女をゲットできたもようで、十分と鋭気を養ったご様子。フロントで顔を合わすと、健康そうな笑顔でニコニコしていた。

さぁて、この後はプーケット島最大の観光地・歓楽街のパトンビーチへ。師匠のバイクにまたがって、峠道を楽園に向けて疾走した。

新たなエロを探しパトンビーチへ!

誰もが名前ぐらいは一度は聞いたことがあるパトンビーチ。

正式には「プーケット県カトゥー郡タムボン・カマラー」というが、これでは観光客には通じない。
地元でも、カトゥー郡とさえもまず言わない。浜辺の名前を取った「パトン」のほうが、間違いなく通りがいい。

海岸線と平行に走るメイン通りを、海側から順に数えて1番、2番、3番の各通りと通称呼ぶ。
3番通り辺りまでが、ホテルや飲食店、マッサージ店などが集中している場所。その奥はだんだんと山となって民家も少なくなる。
猫の額ほどにしかないわずかに開けた場所に全てが集まっている。

同様に3番通りまであるパタヤビーチともよく似たロケーションだが、唯一違うのが、ともに一方通行である1番通りと2番通りの進行方向だ。
パタヤでは1番が南行、2番が北行であるのに対しパトンはその逆。
1番から2番、あるいは2番から1番に進入する際にも、パタヤが反時計回りなのに対し、パトンは時計回りとなる。

師匠のバイクがパトンに到着したのは午後1時すぎ。ホテルで休憩することもなく、僕らは荷物を預けると早速、街へと繰り出した。
目指すは、事前に師匠から詳細な情報を入手していたエロ・マッサージ店街。その名も「Y路(ワイジ)」

どんなガイドブックにも情報サイトにも出ていないこの通り。
いや、正確に言えば、この辺りにマッサージ店が建ち並んでいることは紹介されていても、それが地元では「Y路」と呼ばれていること、さらにはこのエリアには伝説の「キン肉マン」と呼ばれるマッサージ嬢がいて、卓越した昇天テクニックを持っているということは、さすがに地元でも一握りの通でしか知り得ない情報なのだ。

僕は、そのY路の存在を確かめるとともに、どうしても伝説のマッサージ嬢「キン肉マン」と面会してみたかった。
会ってみて、できるなら密かに昇天もしてみたい・・・。そんなことも考えていた。少年のような鼓動は高まるばかり。
師匠のバイクの後部座席で、汗びっしょりの両手を握りしめていた。

Y路に差し掛かった。師匠が「ここですよ!」と教えてくれる。
何でも、Y路とは女性の下半身をYの字に見立て、そのとおりに路地の形状がなっていることから来ているのだとか。
ちょうど陰毛に当たる部分には三角形の形をしたバービア。周辺には、びっしりとマッサージ店が群生している。
仲間と立ち寄って好き好きに遊び、終わったらバービアで待ち合わせというのが通の遊び方らしい。

僕らは路地の入り口近くにバイクを止めると、とりあえず一帯を散策することにした。
まだ午後も浅い時間。師匠によれば、マッサージ嬢の出勤時間は夕方かけてに多く、まだ定員の半分にも満たないだろうという。
となると、あのキン肉マンはいるのか?そんなことを考えながら、足を進めた。

結構、可愛いお姉ちゃんがいる。皆、こっちの姿を見つけると「ウェルカ〜ム」と甘ったるい声を掛けてきてくれる。
その都度、僕は針を飲み込んだ魚のように寄せ付けられそうになったが、必死に欲望に耐えた。
全ては、伝説に一歩でも近づきたいという思いで。

「お、いますねえ。キン肉マン。あの方ですよ!」

Y路には普通?のマッサージ屋が林立している。
マッサージ嬢の衣装がセクシー。ということは・・・。
Y路の陰毛部分に位置する場所にあるバービア。
どのマッサージ嬢が「キン肉マン」なのだろうか・・・。

師匠がおもむろに言った。指差す先には5、6脚ほどの営業用の椅子が並べてあって、数人のマッサージ嬢が座っている。
だが、残念なことに視力の悪い僕には朧気ながらしか見えていない。そこで、さらにゆっくりと足を進めることにした。
だんだんと見えてきた。あと20メートル。ところが、であった。

ん!?何かが違う。

この時、僕の脳天に一筋の強烈な稲妻が落ちた。確かに目指す先には、マッサージ嬢が数人座っている。だが、どうだろう、居並ぶ面々は。
年齢も年齢、皆、おばちゃんじゃないか!浅黒い肌は、健康そうでもあるからまだいい。少しぐらいガニ股だっていい。
タトゥーだってある程度までなら我慢できる。でも、こ、これは、いけない。エロ・マッサージ嬢じゃない。これじゃあ、バンコクで行きつけのいつものマッサージ屋よりイケてないじゃないか!

そこで僕はふと、我に返った。キン肉マンとは、この中の一体、誰なんだ?どの方が伝説の昇天テクニックを持っているんだ。
ただただ教えてもらいたい一心で、師匠を見つめた。そこには、いつもの穏やかな笑顔があった。

「この方ですよ」

「ガチョーン!」

そのおばちゃんは足裏が黒く汚れた右足を左足の上に乗せ、おもむろに両手の指で輪っかを二つ作って微笑んでいた。
お茶目なポーズと言えばそれまでだが、ちっとも可愛くない。イケてない。もっと言えば気持ちが悪い。なのに、なのに、おばちゃんは

「ウェルカ~ム!」

と野太い声で甘ったるく迫っている。見た感じの想定階級はヘビー級。
見事な三段腹に、胴回りは僕よりも豊かなのは確実だった。
それに加え、あの極太フェルトペンで書いたような長方形の眉は一体、何だ!
あんなの、ありか?そんな声が脳裏をグルグルと駆け巡っていた。

ふと、気になることが頭に浮かんだ。
どうしてキン肉マンなんだ?そこで僕は師匠に、その名の由来を尋ねてみることにした。
情報に長けたこの方ならきっとご存じだと思った。

「それはですね~ぇ。むか~し、昔、彼女を指名したあるお客さんがいましてねぇ。マッサージの後のプレイの最中、もだえる彼女の眉間に極太フェルトペンで『肉』と書いたのがきっかけなんですよ。『何、これ?』と聞く彼女に、『福来るという日本のおまじないだ』と説明したお客さん。以来、彼女は好みの客が付くと『肉って書いて』とねだるようになったそうなんですよ!」

にわかには信じがたかったが、世の中は実に奥が深い。
まだまだ知らないことがあるのだと僕はうなった。「肉」と書かれて喜ぶエロ・マッサージおばさん。
それを見て興奮する客。まだ現役をしているということは、今もなお昇天を求めて彼女を指名し、好んで「肉」と書きに来る客がいるということだろう。
オー・マイ・ゴッド!
僕はしばらく、その場で立ち尽くしていた。師匠から声をかけられるまで気がつかなかった。呆然自失とする自分がそこにいた。

一方で、キン肉マンはもうこちらへの一切の関心を失っていた。再び視線を向けようともしなかった。
ただひたすら、店の前を行き交う観光客相手に、野太いセクシー声で営業を続けていた。

バービアで良い出会いに恵まれる!

パトンビーチは、そろそろ夕暮れを迎えようとしていた。キン肉マン騒動の一件ですっかり打ち砕かれた僕を、師匠は馴染みだという普通のマッサージ店に案内してくれた。
マネージャーのタイ人女性が彼氏募集中だと聞かされたが、折れた心で応対できる余裕はなかった。
代わりにたっぷりと2時間ほど入念な古式マッサージを受け、疲れをほぐし店を出た。ちょうど向かいにあるレストランで夕飯を取ることにした。

 店の名は「ブレイク・ポイント(Break Point )」と言った。西岡さんという日本人オーナーが経営している店だった。
この地に店を開いて十数年、いや、それ以上になると確か言っていた。

成人した娘さんがいて、時々、店を手伝いに来てくれるのが楽しみだとも。地域の日本人社会の世話役的存在らしかった。
ちょうど、ビールがプロモーションで安かった。大瓶1本が100バーツもしない。師匠と僕は、乾いた喉をシンハビールで潤すことにした。

メニューも多く、料理も美味かった。肉料理にピザ、パスタ。定番のタイ料理もあった。その中のいくつかを注文して、舌鼓を打った。

ブレイク・ポイント外観。1階が飲食店、2 階より上がゲストハウスになっている。

一通り腹ごしらえが済み、ビールの酔いもほどよく回ってくると、僕のエンジンは再びうなりを上げ始めた。
昨日のプーケットタウンに続く「出会い」への期待が高まっていた。今夜の最初の攻略場所は事前に決めていた。
2番通りを南行した突き当たりに近い一角「オートップ市場」に隣接するバービア街だった。

オートップ市場ゲート。
キノコ型の店舗が立ち並ぶ。まだ時間も早いから客もまばら。
円形のカウンターの中に従業員が2~3人がオーソドックス。
綺麗なオカマちゃんも働いていた。


歩いても15分もしない、そんな距離感だった。師匠と僕は千鳥足でその方角を目指した。間もなくして、目指す灯りが見えて究極た。
バービア街「オートップ」!イサーン地方や北部からの出稼ぎが多いというこのエリア。ひときわ怪しくエロチックな街角に映った。
場内の通路という通路に、椰子の葉で覆われたキノコ型の店舗が所狭しと全部で30、いや40はあっただろうか。
どの店も中央部のスペースに女の子たちが陣取り、ぐるりと360度のカウンター席が広がる造り。
頭上には大きな液晶テレビがあり、サッカーや映画などが放映されていた。店によっては音楽に合わせ、カウンターに上がって踊っている子もいる。
その中で僕らは、やや外れの店を覗いてみることにした。

「キャティー・バー(CattyBar)」とその店は言った。

ママかチーママと思しきおばさん2人と、若い女の子1人が店番をしていた。
おばさんはともかくも、若い子はちょっと可愛い系。幼さが残る顔立ちだった。正直言うと、遠巻きに見たこの子目当てでこの店を選んだ。

女の子は「イン(หญิง)」だと名乗った。東北部(イサーン地方)ロイエット県出身の23歳。
郷里の両親の元に幼い息子を一人残し、出稼ぎに来ていると話していた。ロイエット県といえば、日本の秋田。美人が多いことで知られる県だ。
日本にいたころ、短期間だけ付き合った彼女も秋田出身だったことを思い出した。不思議な縁を感じた。

左がお目当てのインちゃん。
インちゃんから貰った写真。可愛いな~♡

インはどちらかと言えば、無口な方だった。自分からあれこれと話しかけては来ない。酒を奢ってとも言って来なかった。
妙にそんなところが気に入った。盛んにゲームをして、会話した。

「この子に決めた」

僕の心は決まっていた。ホテルの名と部屋番号を書いたメモを渡すと、彼女は小さく頷いた。先に店を出て、部屋で待つことにした。

  1. 【モテるトリビア】世界のおもしろ法律・条例

    2023.01.27

  2. 【注意】バンコクにおける反政府グループ等による抗議活動【1月25日】

    2023.01.25

  3. スナック、バーの料金システムを分かりやすく解説!?

    2023.01.23

  4. 2023年の春節(旧正月)のイベント

    2023.01.20

  1. 【SOAP BANGKOK】マット一本勝負!? ハイクオリティーのテクニックに…

    2020.03.12

  2. 【The Great Phra Ram9】場所は分かりづらいが可愛い素人だらけのメ…

    2020.02.16

  3. 【Pent House】エカマイの高級メンズスパで美女とのお遊びは最高で…

    2020.01.12

  4. 【Lady Soda】時間を忘れて大はしゃぎ!

    2019.12.12

  1. ノービザ45日滞在の期間延長!?

    2023.01.18

  2. タイへの入国規制について

    2023.01.09

  3. 2022年10月1日からタイ入国規制緩和

    2022.09.30

  4. 2022年10月1日から滞在可能日数が延長されます。

    2022.09.15