第44話:半同棲14日後④ 日本人おやじとタイ娘の考え方の相違

彼女の態度が納得出来ない

※別れ…ごめん…、それを繰り返せば愛は深まるのか?
「あなたは私と一緒にいるときに、他の男と会話する。しかし、あなたは僕の問いに答えない、 どうして?」
「何も考えてない、理由は無いと思う」
彼女は話が通じない時、誤魔化す時、話すのが面倒な時、急にタイ語になる。
彼女はSNSにバーに居て楽しく飲んで居る事を書いている。
「あなたはいま何処?」
「私はいま家に居る」
「数分前、バーで飲んでいる写真をアップしたでしょう?」
「私は知らない」
「あなたが嘘をつくならもういい!」
「・・・」
いい加減、腹が立った。
翌午前11時、メッセージがあった。説明ばかりで、自分がしている事、僕が嫌がっているなんて少しも思って無い。
そしてSNSにあったメッセージを貼り付けてやった。

あなたは私が何かがとてもひどいと言っている。
それは本当ですか?
Facebook ID:Yakuzamo Lalitleartwongはこう言った。
「私はあなたと一緒に幸せになることを願っています_ _ ^」
あなたはこう答えた
「はい、大丈夫」

夕方、彼女からメッセージがあった。
「私は言ってない」
「Facebookに書いてあるじゃん?」
「彼はお客で最後の夜だったから…」
「だから何?あなたは今、僕の婚約者では?本当に僕を愛していますか?」
「はい」
「本当に?」
「はい」
「僕は信じられない、あなたが毎晩外出するので心配だ」
「もうしない」
「本当に?」
「はい」

そして彼女は最後にこう言った。「Aer u ok(アーユーOK?)」。タイ人でよくある話し方だ。あなたはOK?、OKと答えたら、いままでの事はノープロブレムっって事?、なんかズルい。でも、OKすれば丸く収まる。。。。「OK」、言ってしまう僕が情けない。夜、9時過ぎ、メッセージを入れた。「いまどこ?」、「部屋に帰った」、そう返事をしても彼女からの返事は無し。なんだか僕が彼女の近くに居ない事を確認している様だった。

彼女に男の姿が…、とうとう切れたおやじ!

数日後の午前4時、まだ返事が無い。SNSを見るといろいろ会話をしている様子だ。
楽しそうに他の男と会話している。僕は我慢出来ず、メッセージを出してしまった。
「あなたは返事をしない。僕の言葉は無視する。あなたは他の男との会話を夢中だ。僕は悲しい。僕はあなたにバカにされている。さよなら。」
もう、どうでもよくなった。彼女のSNSの他の男との会話に、嫌みを書き込んだ。
彼女に前にも聞いたことがある。すると彼女は答えた。
「どうして他の男と遊んだり話したりしてはいけない?」
まったく解ってくれていない。他の男の事ではなく、放置されるのが頭にくるだけ。
あまりに、しつこくしたせいか、かなり険悪ムード。

相手は韓国人?

韓国人とこんな会話をしていた。
「あなたの答えが聞きたい」
「私はあなたを愛しています。 あなたは?なぜ違うと言う?」
「それは愛じゃない ?」
「あなたが多くの女を愛しているので、私は多くの男と話をする、わかる ?」
「韓国に行くなら、私は …」
「あなたは何かを深刻に聞きたいですか?私はそれを言いたくありません」
「あなたは私を好きではありませんね」
「あなたはいつもそう言う」
「なぜ今言わないの?」

僕とまったく同じ話をしていた。
2股?いや、他にももっと居るだろう
…続く…

前の話を読む<<
>>次の話を読む
  1. 【1周年記念パーティー開催!】「PACO 19 CLUB / パコ19クラブ」

    2023.02.01

  2. 【モテるトリビア】世界のおもしろ法律・条例

    2023.01.27

  3. 【注意】バンコクにおける反政府グループ等による抗議活動【1月25日】

    2023.01.25

  4. スナック、バーの料金システムを分かりやすく解説!?

    2023.01.23

  1. 【SOAP BANGKOK】マット一本勝負!? ハイクオリティーのテクニックに…

    2020.03.12

  2. 【The Great Phra Ram9】場所は分かりづらいが可愛い素人だらけのメ…

    2020.02.16

  3. 【Pent House】エカマイの高級メンズスパで美女とのお遊びは最高で…

    2020.01.12

  4. 【Lady Soda】時間を忘れて大はしゃぎ!

    2019.12.12

  1. ノービザ45日滞在の期間延長!?

    2023.01.18

  2. タイへの入国規制について

    2023.01.09

  3. 2022年10月1日からタイ入国規制緩和

    2022.09.30

  4. 2022年10月1日から滞在可能日数が延長されます。

    2022.09.15