タイのムエタイ事情!

タイの国技「ムエタイ」

タイ在住で格闘技に興味のある方ならば皆さん一度くらいは試合を観戦かテレビなどで観た事があるのではないでしょうか。

ムエタイは約500年以上の歴史があるといわれ、有効な攻撃はキック、パンチ、肘打ち、膝蹴り、さらに相手の首などを抱えての膝蹴りや肘打ち、脚をかけて転ばしたり投げ飛ばしたりするものまで有効で、その過激さと高い選手レベルから立ち技格闘技最強と長いあいだ言われて来ました。

一説にはタイ国内のプロ選手は子供から大人まで合わせて10万人以上とも言われています。

貧富の差が激しいタイでは、少し前までは地方出身の貧しい男子はムエタイのチャンピオンになる、女性は夜の世界で生計を立てて金持ちの外国人の旦那を見つけるといったことが一般的なサクセスストーリーでした。ただ、最近は奨学金制度が整備されて経済的にあまり恵まれていなくても大学進学の道が開けたことやインターネット、SNSなどの普及により情報が広くいきわたることで様々なチャンスがあることが広まったことによって以前ほどこの傾向は強くなくなったようです。

それでも、いまだに親がお金の為に子供を地方のムエタイジムに入門させて試合などで日銭を稼がせたりしていることがムエタイの競技人口やレベルの高さを支えています。

「賭け事」としてのムエタイ

ムエタイは古来から賭けの対象としても人気を得て来ました。ルンピニやラジャダムナンというタイの2大殿堂といわれるスタジアムでも賭けが毎日行われて、ちょっと柄の悪そうなお兄さんたちが気合の入った声援で試合を賑わわせています。

日本もそうですが「博打」「賭け事」はタイでも違法です。 ただ「博打」が法律で禁止されている日本でも特別法で「競馬」「競艇」「競輪」と言った博打が許されているように
タイでもムエタイの博打はOKとなっているそう!

「格闘技」としてのムエタイ

日本のあるムエタイチャンピオンがタイに武者修行しに来ていました! 以前その方と一緒にお食事をする機会があったので、いろいろとムエタイの聞いたのですが
その時一番ビックリしたのがタイ人のムエタイがめちゃ強いってこと!
あるジムに修行しにいったけど、そのジムの下っ端にボコボコにされてしまったそうです! そのチャンピオン曰くムエタイに対する想い、必死さのレベルが全く違ったとのこと!
試合に負けるという事に対しての想いの差がそのまま実力に現れたそう! その日のメシにありつけるかも分からないくらいのハングリー精神が半端ないヤツはマジヤバイ!
と言ってました! とにかくメチャクチャ強かった!とのこと!