電子タバコ(アイコス)持ち込みについて

電子タバコについて

よく日本の知人から聞かれる事があります。

「タイにアイコスを持ち込んで大丈夫か?」

日本ではあまり知られておりませんが、タイでは電子タバコ禁止条例がタイ商務省から2014年12月27日より発令されています。
アイコスをはじめ、加熱式のタバコも含まれます。
違反した場合、最高で10年の懲役、または50万バーツ(最高?)の罰金のいずれかが科せられる場合があります。
商売目的でなく、個人的に所持・利用していた場合でも罰せられます。

「キャリーバッグや手荷物の中に入れていたら大丈夫ではないか?」

とも聞かれる事が多々あります。
基本的に荷物審査はランサムなので、それをクリアすれば
おそらくバレずに入国する事が出来るでしょう。

中にはタイ国内でアイコスを含めた電子タバコを吸っている方を大勢見かけますし。
ただ問題はそれを警察に見られた場合!!

吸っていなくても「所持」しているだけで罰則の対象になってしまいます。
最初に書いた通り、違反した場合、最高で10年の懲役、または50万バーツ(最高?)の罰金のいずれかが科せられる場合があります。
※電子タバコの価格の4倍の罰金とも言われていますが詳細は不明。警察は日本人だと分かるとけっこう高めの罰金をふっかけてくる事もあるとか。

とにかく厳しいタイのタバコ規制

タイではタバコの広告を規制したり、テレビで放送される映画などでタバコを吸うシーンがあった場合も、タバコの部分にモザイクがかけられ放送されています。
それくらい害へのイメージがとても強く、タバコのパッケージも大変な事になっておりますw
加熱式タバコを含む電子タバコなどの持ち込みはタバコを広める行為にもなると持ち込みも禁止になりました。
※普通のタバコは大丈夫です。ただし持ち込みは1人200本(1カートン)までと決められています。

実際に捕まると罰金はいくら?

私の周りで電子タバコを吸っていて、かつ捕まった事がある人がいないので何とも言えませんが
法律では罰金最大50万バーツ日本円で170万円以上。そして懲役最高10年という刑罰が処されることになります。
まぁ罰金を払えば懲役刑は免れる事が出来ますが、たかだかアイコスで罰金50万バーツってのもバカバカしですよね。
キャリーバッグや手荷物の中に忍ばせて、バレないようにタイに持ち込もうと思っている方もいらっしゃいますが
そもそも、そういった手荷物のチェックがランダムですが行われていますので100%安心、安全という訳ではないです。
それはその時がたまたま運が良かったと思って、次回からは自重された方がいいでしょうね!
先ほども述べたように「所持」しているだけで罰則の対象になります。
外で電子タバコを自慢げに吸おうもんなら、大変な事になりますよ!

喫煙者はタイではとっても肩身が狭い

ことタバコに関しては日本よりずっと先進国なタイ。
最近は日本でもタバコに関するさまざま規制があるでしょう。
(レストランの中など日本はタバコ吸えますか?もうダメになりましたか?)

公共交通機関は厳しく制限されていますが、これは日本でもそうでしょう。
タイでは基本的に、エアコンが効いている建物内でも禁煙となっています。
レストランやバー、ナイトクラブ、デパート、ショッピングセンター、エレベーター、ホテルのロビー、美術館や博物館、美容院など
エアコンが効いていて、密閉されている空間?は全て喫煙禁止でございます。

また公園や一部の道路など喫煙禁止の区域があります。
喫煙禁止の場所にはサインの看板が出ています。タバコを吸われる際は気を付けて下さい。
一番確実なのは「タイでタバコを吸わないこと」
ホテルの部屋も喫煙禁止の場合があるので、予約の際は喫煙可能かどうかをきちんと確認してから部屋をとるようにしましょう。
ちなみ、喫煙に関する罰金は2000バーツ(6000円)となっています!