タイの特徴① =国歌斉唱=

今回はちょっとしたタイの特徴のご紹介。

皆さんは日本の国歌はご存じですか? おそらくほとんどの方がご存じだと思いますが日本の国歌は「君が代」です。

日本に居ても国家である「君が代」を聞く機会なんてそうそうないですよね?

入学式、卒業式、オリンピック、スポーツの試合。
これくらいでしょうか? 日本で国歌を歌う、または聞くという行為そのもはとっても特別な場合が多くて、またそれを行う行事も決まっていますよね。

しかしタイの場合はちょっと違います。

毎日、朝8時と夜6時に、駅の構内やテレビ、ラジオで流れます。

その際、出勤や帰宅を急いでいる人も立ち止まり、直立して国歌を聞きます。
最初にこの場面に遭遇した時はとってもビックリしたのを覚えています。

だってみんな立ち止まって動きませんからね。
何かのドッキリの撮影かと思いましたw
しかしそれだけタイ国民の国に対する愛国心や誇りが高いという証拠でもあります。

これからタイに来られる日本人の皆さま。
来られた際にこの場面に出くわしたら、立ち止まって国歌を聞いてみてはいかがですか?

こんなに真剣に国歌を聞くという機会が日本には無いと思うので、とってもいい経験になるハズ。

少なくとも私はこの経験のおかげで国歌というものの認識がちょっと変わりましたよ。