外国人職業規制法

タイにはこんな法律があります!その名も「外国人職業規制法」
タイでは外国人が就業できない職種があります。それを「外国人職業規制法」という法律で定めている訳なんです!

ちょっと不思議な法律ですよね!!

「外国人職業規制法」によって外国人が就業できない職種は下記の39種

・肉体労働

・農業・畜産業・林業・漁業への従事(ただし、特殊技能業種、農業管理、海洋漁業船舶における単純肉体労働を除く)

・レンガ職人、大工その他の関連建設業者

・木彫品製造

・自動車などの運転や運搬具の操縦(ただし、国際線のパイロットを除く)

・店員

・競売業

・会計業としての監査役務の提供(ただし、臨時的な内部監査を除く)

・貴石類の切削や研磨

・理容師、美容師

・織物製造

・アシ、藤、麻、竹を原料とするマットやその他の製品の製造

・手すき紙製造

・漆器製造

・タイ特産楽器製造

・黒象眼細工

・金・銀その他の貴金属製品の製造

・石工

・タイ特産玩具の製造

・マットレス、上掛け毛布類の製造

・托鉢用鉢の製造

・絹手工芸品の製造

・仏像製造

・ナイフ製造

・紙製・布製の傘製造

・靴製造

・帽子製造

・仲介業、代理店業(ただし、国際貿易業務を除く)

・建設、木工に関し、企画、計算、組織、分析、計画、検査、監督助言をする業務(ただし、特殊技能を必要とする業務を除く)

・建設業における設計、図面引き、コスト計算、助言をする業務

・服仕立業

・陶磁器類の製造

・手巻きタバコ

・観光案内人および観光案内業

・行商・露店業

・タイ字のタイプ

・絹を手で紡ぐ業務

・事務員、秘書

・法律・訴訟に関する業務

とまぁこんな感じです!
かなり細かく決められていますよねw