ご存じですか?世界のパスポートランキング!

ヘンリー&パートナーズの「パスポートインデックス」をご存じですか?
旅券の自由度を表したランキングでビザ無しで入国できる国が何カ国あるのか
その多さによってパスポートがランキング付けされているのですが
1位の国がどこなのか?皆様はご存じですか?
それは「日本」です。
日本のパスポート保持者がビザなしで渡航できる国は現地空港などでアライバルビザが取得できる滞在先も含め191ヵ国。
(2020年現在)

簡単に言うと
どこか旅行に行きたいな~!
と突然思い立って気軽に行ける国が191ヵ国あるという事。

他の国の人が事前にビザを申請してからでないと、その国へ行けないような場合でも
日本のパスポートならふらっと行って入国できちゃう訳です。
これって改めて考えてみると
とんでもなく凄い事ですよね!

日本人として日本で生まれて、生活をしているとなかなか実感できないと思いますが
日本のパスポートは世界最強クラスのパスポートなのです。

それだけ世界の日本に対するイメージがいいのでしょうか。
まぁ日本というか天皇に対するイメージがいいのかもしれませんね。

もちろんタイへもビザなしで入国できます(滞在が30日間までなら大丈夫)
物価も安く、日本の遊びに飽きた方はほぼ間違いなくハマってしまうタイの遊び!
この機会に是非ともタイ・バンコクに遊びに来てはいかがですか?

注意する事

タイ政府による「仏暦2548年非常事態における統治に関する勅令」
(非常事態令)第9条に基づく決定事項により
外交使節団や労働許可証を有する者等を除く外国人の入国が禁止されています。
また5月31日まで国際線旅客便の着陸が禁止されています。

入国可能な者の場合
出発国のタイ王国大使館ないし総領事館が発出するタイ王国入国許可書の提示を求められます。
また渡航時に72時間以内に発行された英文診断書
(※健康上問題がなく航空機の搭乗可能であると記載がある診断書‘Fit to Fly Certificate’)を
航空会社の搭乗窓口とタイ入国時に検疫所で提示する必要があります。