【ローカル風俗まとめ】タイにある様々な風俗のスタイルをご紹介!

編集部が取材で訪ねたタイ地方の風俗や夜遊びスポット。
数こそ多くはないが、地方風俗定番の置屋やマッサージパーラー、
はたまた、マッサージ偽装置屋、カラオケ偽装置屋などを紹介していきたい。
ただ、置屋などは当局の摘発などで閉鎖されていたり
場所を移転して営業している可能性もあるので、
あくまでも読み物として楽しんで頂ければ幸いである。
チェンライ県

※2017年1月訪問
ミャンマー、ラオスと国境を隣接するタイ最北の県チェンライ。
県内には様々な見所がある。県庁所在地チェンライ、ミャンマーとの国境の街メーサイ、ラオス・ミャンマーと
国境を隣接する黄金の三角地帯ゴールデントライアングルなどなど。

メーサイは一昔前は置屋の街として有名だったが、編集部が訪ねた2017年1月には置屋街は壊滅していた。
 

チェンライ市内【モーテル置屋】


モーテルで営業していた置屋【นัด พบ / ナットポップ】。
訪問したのはPM21:00頃。場所は、パホーヨーティン通りからSan Khok Chang Rd.に入り、
左にカーブする所にある細い路地Sankorgchang Soi 6に入り20メートルほど進んだ左手が入口。

中に入ると、50代前後の置屋店主の男性が近寄ってくる。この男に女が見たいと伝えると、
ホテル角の一室の扉を開け、女を選ばせてくれた。

出てきた女は20人ほど。年齢は20代〜30代前半。色の白い綺麗な子がそれなりに在籍していた。
料金はショート1600バーツと部屋代300バーツで計2000バーツ。料金を支払うと部屋で事をなす。

私が選んだのは、チェンライ出身の子。日中は家族で経営している商店を手伝い、
夜になるとここにアルバイトに来ているそうだ。
ロングの金額を来てみたところ4500バーツとのこと。

2019年5月現在、Googleで検索してみると普通のモーテルとして営業しているようだ。

店名:SLEEP STATION นัด พบ / スリープステーション ナットポップ
営業時間 : PM20:00 – AM4:00(置屋として営業していた2017年当時)

 

チェンライ市内【バービア街】


街のシンボル時計台があるロータリーからJetyod Rd.に入り、
Wangcome Hotelまでの路地に左右に10店舗ほどのバービアがお店を構えている。

各店とも女の子は4〜5人ほど。年齢層は20代後半〜40代前半。客層はファランがメイン。
お店によってはそれなりに可愛い子も在籍していた。

何人かと話をしてみると、少数民族出身の子が多かった。(アカ族、ラフ族、カレン族など)
営業時間は大体PM20:00 – ラスト。

 

メーサイ【カラオケ置屋】

メーサイにあったカラオケ置屋「888」。
置屋が壊滅しており途方に暮れていた時に出会ったバイタクの運ちゃんに連れていってもらったカラオケ置屋。

店内に入ると20人ほどの女の子たちが待機している。まずは、ラウンジ部分でビールを飲みながら女の子の品定め。
小柄で可愛いソムちゃん26歳と共に、2階のカラオケルームへ。

色々と話を聞くと、お店に在籍している子たちのほとんどがタイ人ではなく、
タイルー族、タイヤイ族、ミャンマー人なのだそう。
かくいうソムちゃんもミャンマー出身のタイルー族。
だが、今はタイのIDカードを持っており、メーサイに住んでいるらしい。
朝まで連れ出しで3,000バーツだった。

2019年5月現在、Google Mapで確認してみると業態を変えてレストランとして営業している。


ルーイ県

※2017年4月訪問
タイ東北部に位置しラオスと国境を隣接するルーイ県。
県内には以外と見所も多く、メコン川沿のノスタルジックな街チェンカーン、
ダーンサーイ群の精霊に仮装するピーターコーン祭りなどが有名だ。
観光資源がそれなりにあるということは、エロ資源もあるはず。
色々と手を尽くして探した結果、ルーイに一軒の置屋を発見した。
 

ルーイ市内【置屋】

暗すぎてここに置屋があるなんて思わなかった…。

とある情報筋から置屋の場所を聞いていたので迷わずたどり着けた。
が、到着したのは真っ暗な路地にある普通の民家。
しっかりと閉じられたガレージの扉の向こうからは薄明かりが漏れているが中を伺うことはできない。
一般的な置屋は、店外にピンク色のネオンを灯していたり、店前にお姉さんが座っていたりと、
多少は分かりやすくなっているのだが、ここは本当に置屋かどうか確認する術がなかった。
どうしようかと、路地を右往左往していると扉が開き50代のおばちゃんが出てきた。

私「ここに女はいますか?」
おばちゃん「どこの人だい?」
私「日本人です」
おばちゃん「とりあえず中に入りな」

おばちゃんに促され民家の敷地に足を踏み入れる。ガレージに駐車されている車の奥にソファや椅子などが置かれており、そこに3〜4人の女の子がまどろんだ表情で座っていた。近づいていくと、私に気づいて笑顔を向ける女の子たち。選んだのは、ちょいポチャのラオス人のファンタちゃん。自称27歳と言っていた。金額は600バーツ。コトを致す部屋へ向かうも廊下も真っ暗だ。彼女に手を引かれていないと、つまづいて転んでしまっただろう。

民家の中も真っ暗で足元が全く見えない。

案内されたのはヤリ部屋兼彼女の生活している部屋。
部屋はカビ臭くベッドも湿っていた。
エアコンも壊れており鏡面台の上に置かれた古ぼけた扇風機のみ。
この部屋でコトを致すのは流石にキツイ。

置屋定番の湿ったベッド。
ここはまだマシな方だったが。

一体どう使ったらこんなに汚くできるのか…。

他に部屋が無いかと聞くと、

ファンタ「プラス100バーツでエアコン付きVIPルームが使えるわ。」

VIPルームとやらが並ぶ通路。

案内された部屋は先ほどの部屋と大差ないように感じる。

VIPルームに案内されるも、カビ臭い匂いに湿ったベッドは変わらず。
エアコンが使えるだけまだマシ。
部屋は最悪だったが、ファンタちゃんのサービスは、まあそれなりに楽しめた。

翌日、明るいうちから再度この置屋を見に行ってみた。
赤いガレージの扉が置屋の入口。何の目印もない普通の民家だ。
ここで遊べたのは奇跡に近かった。営業時間は午前中 – AM24:00まで。
今現在も営業しているかは不明だ。

コーンケン県

※2017年4月訪問
タイ東北部、通称イサーン地方の中で2番目の大きさを持つコーンケン県。
タイ東北部で一番最初に設立された唯一の総合大学の学園都市として有名で、通りは若者で賑わいをみせている。
その為、コーンケン市内には若者向けの大型パブが林立、マッサージパーラーも4軒ほどあり、若い子も多数在籍していた。
 

1.マッサージパーラー【CAESAR/シーザー】

タイで初めて行った地方のマッサージパーラー。訪問したのはちょうど陽も傾き始めてきた夕方4時過ぎ。外観は年季の入った建物で豪華さなどは皆無。一抹の不安を感じながら入店。

中はエアコンでキンキンに冷えており、少し鳥肌が立つほど。着席しビールを注文。薄暗い店内とは対照的に、ひな壇は照明で明るく照らされている。

女は7人と多くはないが、20代前半〜30代前半のラインナップ。金額は4種類に分類されており、タマダー(普通)が1,400バーツ、クラシックが1,700バーツ、プレイボーイが1,900バーツ、サイドライン(モデル)が2,100バーツでサービス時間は90分となっている。

コンチア(案内人)曰く、女は常時15人ほどは出勤しているそうだ。

店名:CAESAR / シーザー
営業時間 : PM12:00 – AM24:00

2.マッサージパーラー【Kosa Massage/コサ・マッサージ】

コーンケンの中心地にある大型ホテル「コサホテル」。そのホテル横にあるのが通称「Kosa Massage / コサ・マッサージ」だ。正式名称はタイ語で「คารวน์ / クラウン」だが、こちらの名称は全く流通しておらず通じない可能性が高い。

外観からはここにマッサージパーラーがあるなんて、誰かに聞かないと全くわからない。訪問したのは夕方17時頃。扉を開けて中に入ると、左奥にひな壇がある。

と、女が一人もいない。おいおい、大分過疎ってるな〜、なんて考えているとコンチア(案内人)が近寄ってきて、ソファ席に促される。コンチアが言うには、女の子はみんなお仕事中。でも、少し待ってもらえれば、戻ってくるからと飲み物を出され待たされる。

10分ほど、ボーッとひな壇を眺めていると、お仕事から戻ってくる女の子が一人、また一人とひな壇に戻ってくる。驚いたのは、戻ってくるどの子も20代でしかも、みんな可愛いのだ。これは嬉しい誤算。

この子も、うーん、あの子もなんて悩んでいると、タイ人男性が次々に決めて女の子と階上へ上がっていく。結局、女の子がまた居なくなってしまいお手上げ。再来店を誓い店を後にした。
コーンケンで遊ぶなら是非訪れて欲しいマッサージパーラーだ。金額はタマダー(普通)が2,500バーツ、サイドライン(モデル)が2,700バーツでサービス時間は90分。

店名:Kosa Massage / コサ・マッサージ
営業時間 : PM12:00 – AM24:00

3.マッサージパーラー【Lily Massage/リリー・マッサージ】

前述のコサ・マッサージがあるコサホテルに隣にある「チャルンタニー・ホテル」の中にあるのが「Lily Massage/ リリー・マッサージ」。ホテルロビーを駐車場に通り抜ける扉を開けて、右側が店舗入口となる。

中に入ると正面がひな壇。コンチア(案内人)の説明によると、ひな壇右側の青いソファーに座っているのが、マッサージパーラー嬢で、金額は一律1,600バーツでサービス時間は90分。右側の茶色いソファーに座っているのが、マッサージ嬢で、サービス時間は120分で、マッサージ料金が400バーツ。このマッサージ嬢、部屋で別途料金(大体1,000バーツほど)を払うと本番が行える。

訪れたのは18時頃。マッサージパーラー嬢は若いそこそこのレベルの子が2人。マッサージ嬢はドギツイおばさんも多い中、選べる綺麗目な熟女もチラホラと。

悩みに悩んだ末に選んだのは綺麗目熟女マッサージ嬢。通された部屋は、調度品や備品など年季が入っているものの、掃除がきちんとされており小綺麗な印象。

ベッドにうつ伏せになり本格的なマッサージをみっちりと90分受けたところで彼女からスペシャルのお誘いが。彼女の熟れたフェロモン、エロさにやられ、もちろん別料金を払いスペシャルを受ける。タイ人熟女との対戦は始めてだったのだが、彼女のエロさと性技に骨抜きにされ翌日もリピートしてしまうことに。個人的には大当たりだった。

店名:Lily Massage / リリー・マッサージ
営業時間 : PM12:00 – AM24:00

4.マッサージパーラー【VILLA Massage / ヴィラ・マッサージ】

熟女のみ在籍の場末マッサージパーラー「VILLA Massage / ヴィラ・マッサージ」。在籍嬢はおばさんばかりで全く選べず。入って2分で退散した。

金額はタマダー(普通)が1,100バーツ、サイドライン(モデル)が1,300バーツ。

熟女好きでない限り、訪れる必要のないマッサージパーラーだ。

店名:VILLA Massage / ヴィラ・マッサージ
営業時間 : PM12:00 – AM24:00

ソンクラー県(ハートヤイ)

※2017年5月訪問
ソンクラー県はマレーシアとの国境を有するタイ南部の県。
他の県と違い、県庁所在地(ソンクラー)が一番大きな郡ではなく、ハートヤイ郡の方が大きい。
ハートヤイはマレーシア国境からわずか60キロのところに位置しマレーシアやシンガポールへの玄関口となっている為、
中国・マレー・アラブと様々な文化が融合しており、現在も経済・物流・通信・交通・観光の要所として発展を続けている。
風俗も多種多様に変化を遂げている。
風俗の王様「置屋」やマッサージパーラー、さらには建物1棟がまるまる置屋になっている置屋ホテルもある。
 

1.置屋ホテル【キム・フア・ホテル】

ハートヤイ市内にある置屋ホテルの1つ。
Niphatuthit3 Rd.とCheeUthit Rd.がぶつかる三叉路すぐそばにある。
外観は一見普通の建物だが、中に入るとその様相は一変。
照明は薄暗く陰鬱な雰囲気を醸し出しており怪しさ満点だ。

置屋スペースは2階、3階で、各階8部屋ほどある。
扉は開いたままになっており、お姉さんが待機している。扉が閉まっていればプレイ中というわけだ。
お姉さんの年齢は40代が中心でお世辞にも綺麗とはいえない子達ばかり。
値段は1発400バーツと格安だが、選ぶのはかなり厳しいのでオススメはしない。
訪問したのは2017年5月。
2019年現在、営業しているかどうかは不明だ。

店名:Kim Hua Hotel / キム・フア・ホテル
営業時間 : PM12:00 – AM24:00

2.置屋ホテル【マンダリン・ホテル】

ハートヤイではかなり有名な置屋ホテル。
ハートヤイ駅からほど近い中心街にあるのでアクセスも便利。

このホテルも前述のキム・フア・ホテルと同様に2階、3階、4階が置屋スペースとなっている。
各階10部屋ずつあり、合計30名ほどのお姉さんから選んで遊ぶことができる。

訪れたのは2017年5月ごろ。まずは2階を見て回るも40代、50代の熟女ばかりで選べず、
3階は30代の色気のあるお姉さんが多い印象、4階は20代後半の子達が客待ちしていた。
階が上がるごとに女の子の年齢が若くなる仕組みのようだった。
廊下では女の子達が集まり賭け事に興じていた。

結局選んだ子は3階にいた30代のチェンマイ出身のトンちゃん。
彼女の部屋でシャワーを浴びて事をなす。
料金は600バーツ、時間にして約20分位だった。

店名:Mandarin Hotel / マンダリン・ホテル
営業時間 : PM13:00 – AM25:00

3.置屋【通称ソイ2(Nipatuthit1 Soi2)】

ハートヤイの置屋通りの中で、女の子の質が一番よく若い子も多数店前に座って客引きをしていた。
ソイの中に8軒ほどの置屋が軒を連ねていた。料金はどこも一律、朝まで2,500バーツ。ショート1時間1,000バーツ。
ロング、ショートともに女の子を自分のホテルに連れ帰るシステムだった。
21時訪問時で女は35名程確認。中には超上玉が2人。女は全体的に20代前半から30代前半まで。
服装も小綺麗にしており遊ぶならここの置屋街がいいかもしれない。
※2017年5月情報。

店名:通称ソイ2(Nipatuthit1 Soi2)
営業時間 : PM20:00位 – 朝方まで

4.置屋【通称ダイイチホテル裏(Chaiyakuluthit Soi2)】

このソイには4軒の置屋が現存していた。各店のママさんたちによると、24時間の連れ出しが可能だそうだ。
自分のホテルなどに持ち帰るスタイルだ。
料金はショートで1,200バーツ(若い子は1,500バーツ)、
朝までで2,500バーツ(同3,000バーツ)とそれなりの値段はするものの、
ソイ2とは女の子のレベルにおいて格段の差があり、選ぶにはちょっと厳しいラインナップだった。
※2017年5月情報。

店名:通称ダイイチホテル裏(Chaiyakuluthit Soi2)
営業時間 : PM12:00位 – 朝方まで

5.置屋【通称ジャニーウェー(Channiwate Soi2)】

毎朝9時から営業しているというこの置屋街では4軒の置屋が確認できた。
在籍女性は予想 以上に多く、1店10人前後。料金はショート1500バーツ、 翌朝まで2000~2500バーツだった。
一見して20歳代 末と見える女の子もわずかにはいたが、ほとんどは30歳代後半。中には、さらにその上を行くと思われる、熟女の姿もあった。
※2017年5月情報。

店名:通称ジャニーウェー(Channiwate Soi2)
営業時間 : AM9:00位 – 朝方まで

6.マッサージパーラー【Pink Lady Massage / ピンクレディ・マッサージ【閉店】】

今は亡きGrand Pink Hotelの中にあったハートヤイで一番有名だったマッサージパーラー。
料金は白服が2400バーツ(90分)、ピンク服が300バーツ(2時間)。
Hotelロビーからエレベータで直接3Fにあがると右手に雛壇。夜22時位に訪問。
女は白服が5名、ピンク服が1名ほど。正直値段と女のレベルが釣り合っていない印象。
ギリギリ選べたのが、バンコクの有名マッサージパーラー元ナタリー嬢のディアちゃん。
23歳でノンカイ出身。プレイルームは、Hotelの部屋を使用するので、広くてゴージャスだった。

2019年8月現在Googleで検索してみると、ホテルそのものが取り壊されて閉店してしまっているようだ。

店名:Pink Lady Massage / ピンクレディ・マッサージ【閉店】

7.マッサージパーラー【New Lady / ニューレディ【閉店】】

Merin Hotelの正面にあったマッサージパーラー。訪問したのは2017年5月。店内にはまったく客の姿がなかった。
雛壇には5名ほどの女の子たち。女のレベルは高く若い子が多い。バンコクのMPではご法度のタイヤイ族の子達もいた。
料金は赤札が1700バーツで黒札が1900バーツ。中々選ばずに女を物色しているとコンチアに

「もう遊ばなくていい。女の子はまだ食事をしておらず、あなたたちが選ぶのを待っている。」

と切れられ、店内の電気を消され追い出された。

2019年8月現在Googleで検索してみると、閉店してしまっているようだ。

店名:New Lady / ニューレディ【閉店】

8.マッサージパーラー【Nice Lady Massage / ナイスレディ・マッサージ】

Mae Nam Hotelの2階にあるナイスレディ・マッサージ。
ハートヤイのマッサージパーラーの中で一番女の子のレベルが高い。
料金は1800バーツと2100バーツ。
ここに来る前に別のマッサージパーラーで遊んでしまい
賢者モードだったので残念ながら遊ばなかった。

店名:Nice Lady Massage / ナイスレディ・マッサージ
営業時間 : PM13:00 – AM24:30

9.マッサージパーラー【Atami Massage / 熱海マッサージ】

料金は800、1,000、1,200バーツ。
北部出身の子が多いがレベルは低い。

店名:Atami Massage / 熱海マッサージ
営業時間 : PM14:00 – AM24:00

10.マッサージパーラー【Paris Massage / パリスマッサージ【閉店】】

2019年8月現在Googleで検索してみると、閉店してしまっているようだ。

店名:Paris Massage / パリスマッサージ【閉店】