風俗マイスター タズヤンのバンコクローカル風俗の旅!番外編③「俺の新しい店を紹介するでぇ~!」

プロフェッショナルなエロで知られる在バンコク風俗マイスターのタズヤンこと田附裕樹。
その俺がお届けする風俗情報誌HOW?の特別企画「タズヤンのローカル風俗の旅」は今回が番外編3回目。
このところ、ちょっとお休みしていたけど今日から再会。さあ、張り切っていくでぇ~!

sns_face

sns_tiwitter

sns_line
今回は、スクンビットソイ24に昨年12月13日にグランドオープンした俺の3軒目の店「プルプル・バンコク」をご紹介。
この店、京都発祥の風俗チェーン店「プルプルグループ」と俺とのコラボ。
2年ほど前、プルプルグループの会長がタイにやって来て「バンコクに出店したいから一緒にやらへんか?」
と誘われたのがきっかけ。ようやく物件が見つかって、具体的に動き出したのが昨年後半。
ギリギリ年末になって、なんとか間に合ったわけDEATH!!

タイの癒しと日本のおもてなしを融合した店づくりを目指したけど、前に紹介した「俺の26」とはコンセプトが全く違うねん。
あっちはキャラ売りの店。面白い名前の女の子だったり、スゴ技が変わっていたり。
さらには、店を預かる「てんちょ(店長)」も個性的だったりと、キャラ作りが優先やった。
※俺がオーナーを務めるキャラの店「俺の26」
※「俺の26」の女の子たち。左から「ソイか」「こーべ」「どろんじょ」

一方、こっちのプルプルバンコクは、女の子のレベルを重視。それが容姿であっても、接客、サービスであっても。
とにかく、ハイクオリティーを目指したのがこの店。
だから、居抜きで営業できたのにもかかわらず、2カ月以上もかけて内装もわざわざ一新した。
お客さんに最高のサービスを提供するために。
※「プルプルバンコク」外観。これだけ大きな看板なら迷うことなしや!
※当店の人気嬢たち。左から「ナミ」「ヘレン」「キティー」3人とも予約ですぐに埋まってしまうねん!
※ここが待合室。どうですか!このラグジュアリーな雰囲気。ここで実際に生の女の子を見て選んでいただけます!

プリティだけではダメやねん、というのが女の子を面接する時の基準やった。
どれだけ、癒やしを提供できるか、自然な笑顔が贈れるか。
だから、可哀想やったけど、何人にも帰ってもらった。
それぐらいの厳しい基準で採用しているから、絶対の自信を持って勧められる女の子たちばかりなのDEATH!!

日本クオリティー、日本水準とでも言えばいいやろか。
お客さんに満足して帰ってもらうためには、それが必須と考えた。
ジャグジーの部屋を4つも揃えたのも、まさに、お客様に癒しを提供したいという考え方から。
この規模感の店やったら、普通、そこまではしいひん。
タイだからこの程度でいいやは、絶対にしたくなかった。料金が少し高めなのもそのため。
※ここがジャグジールーム。コンパクトながらも清潔感ある部屋に仕上げたで~!
※ジャグジーも足を伸ばしてゆったりでき、尚且つ女の子と密着感が楽しめるサイズをチョイス!

ルールというわけではないけど、お客様にはアンケートの協力をしてもらっている。
もちろん、サービス向上のため。だから、内容も一通り詳しく、決しておざなりではない本格的なアンケートにしてあるねん。
これを元に日々、クオリティーアップ。それがプルプルバンコクのコンセプト。
目指すは当然、バンコクナンバーワン。
※このアンケートがとても大事!お客様にはちょっとご面倒をお掛けしますがご協力をお願いしています!

お客様に安心して店に来てもらうために、情報発信も積極的に行っている。
専用ホームページとツイッターが中心で、HPの方は毎朝、統括店長ナオトが店長ブログをアップ。
入店情報や女の子の出勤情報を提供している。写真だけではイメージが掴みにくいだろうと、ツイッターでは、動画データも頻繁に掲載している。
女の子の本当の姿を見てもらいたいから。毎日更新、そこが他店とは違うところ。

ハイクオリティーという意味では、これまでにない新しい店「プルプルバンコク」
お客様の満足のために。「Sexy Club F1」「俺の26」ともども、ヨロシクやでぇ~!
※お遊び後は、密かな人気となっている当店自慢のコーヒーで一息!スタッフと談笑タイムをお楽しみください!

スタッフ情報

※左が統括店長ナオト、右がスタッフのダイスケです!

F1の店長を任せているナオトが、ここでも両店舗の統括店長として大活躍。
F1に出勤する前の夕方には、毎日プルプルバンコクにも立ち寄ってもらっている。
常勝軍団と言われた強豪高校ラグビー部のレギュラーという過去を持つバリバリの体育会系!
最近はジャケットで決め、お洒落にも気を配っているので、きっとステキな彼女が見つかったに違いない。
聞いても、きっと言わへんけど。

一方、今回のグランドオープンで新たに加わったのが、神奈川・鎌倉出身のダイスケ。こちらは、元サッカー選手。
大学まで続けたというから、やはり本格派。今では、少し腹の出たおっちゃんだけど。
プルプルバンコク常勤で、細かいことは彼に聞いてもらえると、ありがたい。

以上の2人を中心にして、もちろん、俺もサポートしていく。
何か分からないこと、改善してほしいこと、変だなと思うことがあったら、遠慮なくこの2人に伝えてほしい。
プルプルバンコクを最高の店にしていくために!

システム紹介

※スクンビット24から見える「プルプルバンコク」の巨大看板。

プルプルバンコクは午前10時から深夜24時まで毎日営業。
コースは60分2700Bと90分3000Bが基本だが、希望によっては延長も可能。
4室あるジャグジールームはプラス300B。
オプションの剃毛もプラス300B。6階建てで客室は全11室。

女の子は30人前後が在籍。1日あたりは15人程度が出勤している。
もちろん、実物を見てから指名できるけど、週末の夕方4~6時
夕食後の8~10時は指名でとても混雑するので事前の予約がお勧め。

予約は電話でも可能だし、ツイッターのダイレクトメッセージからも受けている。
ホームページやツイッターで、女の子の出勤状況や動画を見てから、これは!と思う娘を指名してくれると嬉しい。
必ず、貴方のお気に入りの女の子が見つかるはず。
さあ、貴方も夢の世界プルプルバンコクへ!