2018年 タイの祝日カレンダー

3月1日
マカブーチャ(万仏祭り)
仏教の祝祭日のひとつ。旧暦3月の満月に祝われる。
タイでは祝日になっているほか、カンボジアでも祝日で、ラオス、ミャンマーなどでも祝われている。

4月6日
チャックリー記念日
1782年、ラーマ1世がチャクリー王朝を立朝し、バンコクを首都と定めたことを記念した祝日。

4月12日~16日
ソンクラーン(水掛祭り)
タイの伝統的な新年であり、1年で最も重要視されている祝日。
もともとソンクラーンとは黄道(太陽の軌道)が双魚宮から新たに白羊宮に入ることを意味する。

5月29日
ヴィサカブーチャ(仏誕節)
お釈迦様が『生誕』『大悟』『入滅』した日です。3つの奇跡が重なったこの日は仏教上、最も聖なる日と言われています。

7月27日
アサラハブーチャ(三宝節)
陰暦8月の満月の日で、釈迦が最初の説教を行い、最初の子弟ができた日です。

7月28日
カオパンサー(入安居)
僧がお寺にこもり始める日で、仏教にとってはとても大切な日になります。

ラーマ10世誕生日
チャクリー王朝第10代のタイ国王であるラーマ10世の誕生日。

7月30日
ラーマ10世誕生日 振替日

8月12日
王妃誕生日
1932年シリキット王妃誕生を記念した祝日。なお、母の日としても祝われる。

8月13日
王妃誕生日 振替日

10月13日
ラーマ9世記念日(崩御日)
ラーマ9世(プミポン前国王)崩御の日。

10月15日
ラーマ9世記念日 振替日

10月23日
チュラロンコーン大王記念日
タイの近代化に多くの功績を残したラーマ5世こと、チュラロンコーン大王(1853~1910)の逝去日です。

12月5日
父の日(ラーマ9世生誕日)
ラーマ9世(プミポン前国王)誕生の日。

12月10日
憲法記念日
1932年のタイ王国憲法発布を記念する日。