風俗マイスター タズヤンのバンコク風俗の旅!第8回「風俗の王様マッサージパーラーに行ってきたでぇ~!」

エロい人のハートをゲットする風俗情報誌HOW?の特別企画「タズヤンのローカル風俗の旅」
やって来ました今回は、風俗の王様マッサージパーラーに挑戦DEATH!!。これまで、カラオケ、メンズスパ、ホテル置屋と、いろんな場所を訪ねたけど、やっぱ風俗といったらコレでしょ!その名もMP。もちろん、リポートするのは

sns_face

sns_tiwitter

sns_line
バンコクだけでも30以上はあろうかというマッサージパーラーは、日本で言うところのソープランド。
基本的なシステムは同じでも、圧倒的に違うのが、その絢爛豪華なたたずまい。女の子たちが居並ぶ雛壇だけでも、日本とは大違い。高級感いっぱいで艶やかな造り。
そこから微笑みを贈ってくれる彼女らは、綺麗どころがわんさといるねん。プレイ前から興奮しっぱなしの絶好調。
やば、早やプレイルームに行きたくなった!

マッサージというからには、確かにマッサージもしてくれるんけど、それは期待しないほうがええねん。
個室に入ってからの大切なことは、女の子とのムードづくり。二人でいるだけの90分は、まさに恋人同士が愛を育む大切な時間。焦ってもあかん、緊張してもあかん。
普段着姿のありのままの素の自分が、彼女を昇天させ、俺のことを昇天させてもくれる。

今回、数あるMPの中からホイクワンにある「エマニュエル」を選んだのは近年、女の子の豊富さ、美貌、サービスが料金の割にイチオシと、HOW?編集部からお勧めがあったから。
MP通いのイメージが強い俺かもしれへんけど、実はタイではあまりMPの経験は少ないねん。せいぜい、5店舗ぐらいかな。

だから、今回はちょっとドキドキ、ワクワク。
一体どんなところなのか、胸を膨らませて行ってみた。
※店舗外観

※クリームちゃんカワイイ!
※バスタブはいたって普通やった。まぁでも気持ちよく入浴したで!

ニューヨークの摩天楼かと見間違うかの豪華な造り。
MPはこうでなくては。すらりと並んだ女の子は20~30人はいただろうか。接客中もいるだろうから、全部で40人は下らない。
しかもタイプは、お姉系から女子大生っぽい子、OLらしい子まで実に多彩、実に豊富。
もちろん、俺の好みばかりではなかったけど、これだけ居並ぶと、さすがの俺も判断に迷ってしまうねん。
何度も何度も女の子たちの前を行き来して、ついに俺が選んだのは、西部カンチャナブリー県出身のクリームちゃん。22歳。番号はB08。
背中までの黒いロングヘアーが似合う、笑顔がチャーミングな今風の女の子だった。

エル(L)字型の通路を経て階上の部屋に通された俺は、まずはクリームちゃんとしっかり抱擁。シャンプーの香りがほのかにいい。
挨拶代わりの軽いキスをして見つめ合った俺と彼女は、お湯が張るまでしばらくのお喋りタイム。互いに出身や生い立ち、仕事のことなどを話した。

※二人で使うには広すぎるw
※クリームちゃんのスラリと伸びた足とプリケツ。ワクワクするわ~!

先に俺が服を脱ぎ、湯に入る。ふう、暖かい。疲れが取れる。そこへ、タオルを胸まで巻いた彼女がやって来た。恥ずかしそうに振る舞っているのが、またいい。
テンションも高まる。俺は、可愛くて女の子らしい女性が好きねん。

「まあ、今日のところはこの子で正解だったな」

そんなことを考えながら、ゆったりと湯に浸かっていた。

風呂から上がった後は、皆さんのご想像どうり。最後まで堪能して昇天した俺。彼女も満足そうに感じてくれたのがよかった。
うん。タイのMPも捨てたもんではない。
※ヤッた後で彼女も心を開いてくれた。戯けた彼女もカワイイやん!

バンコク在住の世界に羽ばたく風俗マイスター「世界のタズヤンⓇ」は今後、MPリポートも続けていこうと、固く胸に誓ったのDEATH!!(続く)

料金表
B 2200 バーツ SL 4000 バーツ
L 3000 バーツ SP 4500 バーツ
S 3400 バーツ SM 5000 バーツ
M 6000 バーツ

今回訪ねたエマニュエルは地下鉄MRTホイクワン駅下車2分のところにある。
でっかい金髪女性の看板が目印。手前が駐車場で奥にたたずむ御殿のような建物がそれ。
階段を上って入口2階。コンチアが何人も手招きをして客待ちをしている。

雛壇は入って右側。赤いカーペット地のソファーに座った女の子達が笑顔で迎えてくれる。
その圧巻の光景にはさすがの風俗マイスターの俺でもちょっと恥ずかしさを禁じ得ない。
照れ笑いを浮かべながら女の子たちの向かいにあるソファーに座るとコンチアがシステムを説明してくれた。

この店の女の子ランクは2200バーツのBから始まって6000バーツのMまでの7ランク。
上に行けば行くほど、スタイル抜群、モデルのような女の子で満足度も高くなると思いがちだが、実はそう単純でもない。
実際に俺が今回入ったクリームちゃんは何と一番下のB。
それでも随分と可愛く堪能できた。

4階にはVIPルームもあるので複数人で入店してみるのもいいかも。
食事ができる豪華なリビングやジャグジーバスのほかプレイルームも4部屋あってコンチアのグレイトさんによると、7人までのグループ客なら対応可能とのことだった。
このグレイトさん8年勤続の大ベテラン。とても頼りになるナイスガイだ。一度訪ねてみては。

エマニュエルのオーナーはかつてペップリー通りにあったMP「アムステルダム」の元経営者。
アムスの閉店後、ここを買収し経営に乗り出したのだとか。
興味が沸いたそこのあなた!試しに一度訪ねてみては如何だろうか?