タイの特徴② =法律=

今回は「タイの法律」にしぼって紹介したいと思います。
これがなかなか・・・日本には無い、変わった法律が多いのですよ。

①侮辱はダメ、絶対

王族を侮辱したり、名誉を傷つけたりすると罰せられる罪。つまり不敬罪です!
facebookでの軽はずみな発言などで捕まってしまった方もそこそこいるようです。

またタイで映画を観るとき、作品の上映の前には『王室賛歌』が上映される。この時も脱帽の上直立不動の姿勢を取らないと、不敬罪に問われることがあります。
なので面倒くさいって方は『王室賛歌』が終わってから席に着くようにしましょう。

②下着を着けずに外出してはいけない

これは凄いですね。つまりノーパン、ノーブラで外に出てはいけないという事です。
まぁ確かに・・・アジア系の方は特に問題は無いと思いますが、それ以外の国の方は・・・特に女性はけっこう大胆な恰好している人が多いですからね。
これで捕まってしまった方って実際にいるんですかね?

③アルコール禁止

読んで字の如く。アルコールあ禁止されている日が設定されています。

禁酒日に設定されている祝日や選挙中などなど。
あとは毎日、時間でくぎられて決まっています。

11時~14時、17時~24時までの間しかお酒を買う事が出来ません。

もちろんコンビニやスーパーなどは上記の時間内でしかお酒を買う事が出来ませんし
レストランなんかも上記の時間内でしかお酒を注文できません。
まぁ中には大丈夫なお店もありますが・・・www

④タバコに関して

これは法律というか条例みたいなモノなのかな?
タイでは基本的に建物内での喫煙は喫煙可能エリア以外は禁止されております。

外でもお寺や公園、校内も禁煙。だから本当は飲み屋、メシ屋でも禁煙なんですけどね。
秘密の裏技で大丈夫なお店もありますwww